夏の旅行の際に活用した、自然療法グッズのご紹介

前回の記事の続きです

 

アロマセラピーの精油とキャリアオイル以外に

いくつか持参しました

今回は、ハーブウォーターとホメオパシー基本キットです

 

ハーブウォーターって何?

 

精油に比べると、一般的には知名度が低いかもしれない、ハーブウォーター

芳香蒸留水、フローラルウォーターなどとも呼ばれます

 

精油は植物の芳香成分が凝縮されたもので

薬理作用も強く、エネルギーもパワフル

ものによっては、強い刺激があるため、使用に注意が必要な部分もあります

(ここを正しく伝えることが、アロマセラピー従事者にとって大切)

 

 

 

一方で、ハーブウォーターは精油と違って、水溶性

つまりは、お水

植物を蒸留したときに微量の芳香成分がお水に溶け出したもの

なので、肌への刺激も少なく、作用も穏やか

 

化粧水代わりにそのまま使えますし

赤ちゃんや子どもにも使えるところが、とても便利

 

(写真はフロリハナのハーブウォーターです)

ハーブウォーターは、ローズ、ラベンダー、ペパーミント、カモミールなど

種類も色々あります

 

今回、旅に持参したのは、ローズウォーター

ブルガリアローズウォーター(画像はウェブから借りました)

(右:ローズウォーター、左:ホワイトカオリン(クレイ))

サロンでも取り扱っていて、出店の時にも並べました

 

旅行前から、娘がデリケートゾーンの不快を訴えていたので

そのケアのためがメインでしたが

火照った肌にスプレーしたりして使いました

 

ローズウォーターは香りが良いから

使い心地もいいですね

日焼け後の対策のためなら、ラベンダーウォーターもいいですし

冷却作用のあるペパーミントウォーターなどもいいと思います

 

ホメオパシーも大活躍しています

 

旅先はもちろん、ホームケアでも活躍している、必需品

ホメオパシーのレメディの基本キットも

旅行に必ず持参するものの一つ

 

 

ドイツ発祥の自然療法、ホメオパシー

ご存じの方も多いかな

 

小さな小さな砂糖玉に、色々な物質のエネルギーを含ませたもの

(物質は入っていません)

カラダの自然治癒力のスイッチを押してくれます

 

今回は、日焼け対策のために、Canth(カンサリス)、Calen(カレンデユラ)

娘が怪我をした時は Arn(アーニカ)、Acon(アコナイト)

(指をドアに挟んで、痛くて怖くてパニックになったので)

あたりが活躍しました!

 

基本キットには36種類のレメディが入っていますが

持っていると本当に便利

副作用がなく、子どもにも赤ちゃんにも使えます

 

私自身、ホメオパシーを使い始めて、2-3年でしょうか

娘もレメディのことを理解していて

以前、プールの時の塩素対策のレメディも紹介させていただきましたね

 

気になるグッズがあれば、試してみて下さいね!

次回はクレイをご紹介したいと思います